マグネットモンキー/子どももオトナもヤミツキ

¥ 1,512(税込) 残り138点

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 320円

※15,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

マグネットモンキー/子どももオトナもヤミツキの商品説明

カンボジアのお母さんはお話し好き。
みんなが集まって、いつまでもおしゃべりしてます。

でも、ちょっとまって。
彼女たちはおしゃべりしながらも毛糸をつかっていろんなものを生み出しているんです。
なかでも子どもたちに人気なのがこのかわいいおさるさんのお人形。

どこにでも連れていける手のひらサイズ。
おさるさんの手にはマグネットが内蔵されていて、冷蔵庫や黒板にもぴたっと強力に貼り付きます。
キッチンのマスコットに、1匹いかがでしょう?

【ブランドストーリー】
紛争や地雷のイメージが強かった90年代のカンボジアでは、児童売買や売春が蔓延していましたが、現在は欧米各国NGOのよる支援の成果もあり、状況は徐々に改善しています。
首都プノンペンは、他の新興国の都市がそうであるように、ここ10年で飛躍的に開発がすすめられ、物価があがっていきました。しかし、労働者の雇用条件はいまだに劣悪なところも多く、貧しい農村に生まれ教育が十分に受けられない環境で育った女性は、低賃金で搾取されたり、売春に走ってしまったりと、現在でも根深い問題が残っています。

そんなカンボジアで、元売春婦や貧農の女性への“職業訓練”と“正当な雇用創出”のために欧米人と現地人によってプノンペンに設立されたのが『カンボジア・ニット』です。カナダ人のCEO・モニカと、実質的な統括マネージャーであるChomnabという現地男性がビジネスを進めています。あたたかみある100%コットンの編みものの生産販売を通して、女性の自立=女性起業家を創出することを目指しています。

村には働き口がなく、女性は、家族を置いて都心の仕事場まで行くために多くの時間と交通費を奪われています。カンボジア・ニットは、スタッフ自らが村に出向き、女性たちの作った商品を回収する「home-based production」を実施。女性が家族のそばにいながら、在宅でスキルを身に着けて給与を稼げる仕組み作りをしています。現在までに50人以上の女性へ編み物トレーニングを行い、商品を販売しています。
(※情報はvery50プロジェクトページより抜粋 )

【素材】 毛糸、マグネット

<商品につきまして>
お届けする商品は画像と色味が異なることがございます。また、手作りの商品のため形や色、サイズにばらつきがあることがございます。出荷前にチェックいたしますが、手作りの特性をご理解の上でご注文頂けましたら幸いです。

通報する